大谷祖廟で催されている「東大谷万灯会」の開催模様

浄土真宗の宗祖とされる親鸞が眠る墓所・大谷祖廟と、その南側にある東大谷墓地に約10,000張以上提灯に火が灯される「東大谷万灯会」に行ってまいりましたのでその模様を写真でお伝えしたいと思います。

八坂神社の南桜門を出て、南に下るとすぐに大谷祖廟への道が。長い道には早速提灯が灯されていました。

f:id:media_kyoto:20140814220321p:plain

f:id:media_kyoto:20140814220332j:plain

こちらが大谷祖廟の入口。浄土真宗の宗祖とされる親鸞が眠る墓所とされているのでおこころ静かにとのこと。

f:id:media_kyoto:20140814220339j:plain

f:id:media_kyoto:20140814220344j:plain

入口を入ると右手にはお花出てきた堆肥が。お持ち帰り自由だそうです。環境保護に配慮した教化事業の一環でしょうか。

f:id:media_kyoto:20140814220348j:plain

入口から進むと幼稚園で描かれた提灯が。京都各々の幼稚園で描かれたようです。

f:id:media_kyoto:20140814220352j:plain

こちらも環境保護に配慮した教化事業の一環。この電気自動車で発電された電気が大提灯に使われているようです。

f:id:media_kyoto:20140814220357j:plain

本堂では松井憲一氏(元大谷大学非常勤講師)による法話が行われていました。

f:id:media_kyoto:20140814220406j:plain

親鸞が眠る御廟への階段手前に「自灯明・法灯明」の文字が。

「自灯明・法灯明」とは、仏陀が入滅される前に弟子に示された最後の教えだそうで、「他者に頼らず、自己を拠りどころとし、法を拠りどころとして生きなさい」という意味だそうです。

f:id:media_kyoto:20140814220408j:plain

階段を登り、御廟へ。

f:id:media_kyoto:20140814220416j:plain

f:id:media_kyoto:20140814223303j:plain

こちらが親鸞や「真宗大谷派御歴代」の墓所だそうです。

f:id:media_kyoto:20140814220432j:plain

f:id:media_kyoto:20140814220427j:plain

もときた階段を下り、東大谷墓地のほうへ。

f:id:media_kyoto:20140814220437j:plain

東大谷墓地への道の途中に「いのち」というアロマキャンドルでできた文字が。

f:id:media_kyoto:20140814220447j:plain

東大谷墓地には数多くの提灯が灯されており、とても幽玄な雰囲気でした。

「東大谷万灯会」は3日間(8月14日〜8月16日)開催されておりますので機会があれば是非お参りされてみてはどうでしょうか。

詳細情報

場所 大谷祖廟
東大谷万灯会開催期間・時間 2014年8月14日〜8月16日

  • 東大谷万灯会 – 18:00(提灯点灯)~21:00(提灯消灯・閉門)
  • お盆法要 – 19:00〜20:00(お勤め・法話)※お勤めの後、約40分の法話
  • 紙芝居 – 17:30~(1回目)、18:15~(2回目)
  • リサイクルキャンドル – 16:00〜17:30
法話講師 松井 憲一氏(元大谷大学非常勤講師)
住所 京都市東山区円山町477
アクセス
  • 市バス:祇園バス停より徒歩約10分
  • 京阪電車:祇園四条駅より徒歩約15分
  • 阪急電車:河原町駅より徒歩約20分
Google Map
たまに空気読めないです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エアー@airkyotoをフォローしよう!

投稿者

エアー@Kyotobnb編集部

京都のAirbnb情報サイトです。新着物件 、気になる今週の空き物件 、週末空いている物件などを配信中!

PAGE TOP