京都の8月23日、24日は化野念仏寺で「千灯供養」の日

嵯峨小倉山麓の化野(あだしの)では、東山の鳥辺野(清水寺南側にひろがる野)、船岡山の蓮台野とともに古くから埋葬の地として知られてきました。

化野の「あだし」という言葉は、むなしい、はかないという意味があります。

また「化」という字は、「生」が化して「死」となり、この世にまた生まれ変わることや極楽浄土へ往生する願いなどを意図していると化野念仏寺では言われているそうです。

化野念仏寺の創建は、寺伝によると弘法大師の空海が810年〜824年に五智山如来寺をひらいて風葬により野ざらしになっていた遺骸を集めて葬ったのが始まりと言われており、鎌倉時代初期に法然(平安時代末期から鎌倉時代初期の日本の僧)が念仏道場として現在にいたる浄土宗の寺となっています。

化野念仏寺に入ると境内に隙間なく並ぶ8000体もの石仏、石塔。これらはかつて化野で葬られた人々のお墓でしたが、長い年月の果てに無縁仏(縁者が遠方に移転したり、代が途切れたりしてしまった仏)として散乱していたものを、明治時代、地元の人達によって、化野念仏寺に集められたものとなります。化野念仏寺は賽の河原に模して、「西院の河原」と呼ばれています。

「千灯供養」は8月23日、8月24日の2日間、化野念仏寺境内の西院の河原にまつられている数千体の無縁仏にろうそくを灯し、供養する宗教行事です。

詳細情報

寺名 化野念仏寺
住所 〒616-8436
京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
電話 075-861-2221
拝観時間 開門9:00〜16:30(受付終了)
千灯供養・日時 8月23日・24日
受付開始 – 17:30(灯明・18:00)
受付終了 – 20:30(閉門・21:00)
アクセス
  • JR嵯峨野線京都駅から 嵯峨嵐山駅下車
  • 京福電鉄四条大宮から 嵐電嵐山本線嵐山駅下車
  • 京福電鉄北野白梅町駅から 嵐電北野線—帷子ノ辻乗換—嵐山駅下車
  • 京都駅から 京都バス 72号系統『嵐山・清滝』行き
    →四条烏丸−四条大宮−鳥居本下車(約40分)
  • 三条京阪から 京都バス 62号系統『嵐山・清滝』行き
    →三条河原町−二条駅−千本丸太町−鳥居本下車(約40分)
Google Map
たまに空気読めないです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エアー@airkyotoをフォローしよう!

投稿者

エアー@Kyotobnb編集部

京都のAirbnb情報サイトです。新着物件 、気になる今週の空き物件 、週末空いている物件などを配信中!

PAGE TOP