平成25年7月〜平成26年7月の間で人口の増えた京都市の区域BEST10

京都市統計ポータルよりデータを拝借しまして、平成25年7月〜平成26年7月の間で京都市のどの区域で一番人口が増えたかのランキングを作成いたしました。

結果から見るに土地開発されて新しいマンションが乱立したという流れなのでしょうか。

平成25年7月〜平成26年7月の間で人口の増えた京都市の区域BEST10

町名 人口総数
(2014年7月)
人口総数
(2013年7月)
増減数
中京区 壬生神明町 759 525 234
中京区 錦堀川町 483 250 233
左京区 高野東開町 2411 2199 212
伏見区 川東町 1101 897 204
左京区 岩倉幡枝町 3546 3381 165
左京区 松ケ崎小竹藪町 483 326 157
西京区 下津林前泓町 751 614 137
山科区 西野様子見町 2387 2283 104
伏見区 久我西出町 2309 2206 103
下京区 槌屋町 133 38 95

1位の中京区壬生神明町は二条駅の南西側で、2位の中京区錦堀川町は四条堀川の交差点の北側、3位の左京区高野東開町は北大路東大路通の高野の交差点の南西側で団地がある箇所ですね。

1位:中京区 壬生神明町

2位:中京区 錦堀川町

3位:左京区 高野東開町

次回は逆に人口が減ってしまった区域BEST10をお知らせしたいと思います。では。

たまに空気読めないです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エアー@airkyotoをフォローしよう!

投稿者

エアー@Kyotobnb編集部

京都のAirbnb情報サイトです。新着物件 、気になる今週の空き物件 、週末空いている物件などを配信中!

PAGE TOP