平成25年7月〜平成26年7月の間で人口の減った京都市の区域BEST10

前回、京都市統計ポータルよりデータを拝借しまして、平成25年7月〜平成26年7月の間で京都市のどの区域で一番人口が増えたかのランキングを作成いたしました。

今回はその逆でどの区域が平成25年7月〜平成26年7月の間で人口が減ってしまったのかを調べました。

平成25年7月〜平成26年7月の間で人口の減った京都市の区域BEST10

町名 人口総数
(2014年7月)
人口総数
(2013年7月)
増減数
伏見区 深草池ノ内町 1746 1883 -137
伏見区 向島二ノ丸町 8467 8596 -129
伏見区 小栗栖森本町 2005 2109 -104
左京区 吉田泉殿町 658 760 -102
伏見区 石田大受町 3163 3239 -76
伏見区 小栗栖中山田町 4283 4355 -72
伏見区 醍醐上山口町 881 949 -68
伏見区 醍醐中山町 1777 1844 -67
上京区 藁屋町 514 581 -67
中京区 西ノ京冷泉町 519 585 -66

1位の深草池ノ内町は深草中学校の裏側、2位の向島二ノ丸町は向島駅を降りて駅前のローソンの裏側、3位の小栗栖森本町は東西線石田駅の近辺です。

伏見区で人口の移動が激しいという結果になりました。主に市営住宅か団地がある付近のようです。なお、向島二ノ丸町は2014年8月に不審火のニュースがあった箇所でした。

京都・伏見で4連続不審火 民家全焼60代夫婦が死亡
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140801/waf14080109320009-n1.htm

1位:伏見区 深草池ノ内町

2位:伏見区 向島二ノ丸町

3位:伏見区 小栗栖森本町

たまに空気読めないです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エアー@airkyotoをフォローしよう!

投稿者

エアー@Kyotobnb編集部

京都のAirbnb情報サイトです。新着物件 、気になる今週の空き物件 、週末空いている物件などを配信中!

PAGE TOP