京都から見た皆既月食2014

2014年10月8日は、日本で3年ぶりにおとずれる皆既月食があります。早速ですが簡単に撮影してきましたので見られなかった方の目の保養にでもなれば幸いです。

皆既月食とは?

kaiki

太陽と地球と月の3つが一直線上に並び、太陽が照らす地球の影で月が暗くなる現象のことを指します。なお、部分月食は地球の影で月の一部分が暗くなること、皆既月食は地球の影で月の全体が暗くなることを言います。

皆既月食2014が見れる時間は?

時間は、

  • 部分月食の開始-18時14分
  • 皆既月食の開始-19時24分
  • 皆既月食の終わり-20時24分
  • 部分月食の終わり-21時34分

となります。

京都から見た皆既月食

kaiki1

19時前後の部分月食真っ最中の模様。

kaiki2

どんどん月の見える部分が小さくなってきています。

kaiki3_0

19時24分すぎ。とうとう皆既月食がはじまりました。

kaiki3

ややオレンジがかって見えています。今日の京都は晴れていたので大気中のチリの量も少なめなようですね。

ちなみに大気中のチリの量によって以下のように皆既月食の見え方が変わります。

  • 大気中のチリが少ない-オレンジ
  • 大気中のチリが少なめ-明るい赤
  • 大気中のチリが通常-暗い赤
  • 大気中のチリが多め-灰色・こげ茶
  • 大気中のチリが多い-黒

京都民の皆既月食に対する反応(Twitter)

次に見れる皆既月食はいつ?

次回の皆既月食は2015年4月4日だと予想されているようですね。今回見逃されたからは2015年4月4日の皆既月食を楽しみましょう!

皆既月食図 Photo by 皆既月食2014

たまに空気読めないです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エアー@airkyotoをフォローしよう!

投稿者

エアー@Kyotobnb編集部

京都のAirbnb情報サイトです。新着物件 、気になる今週の空き物件 、週末空いている物件などを配信中!

PAGE TOP