1928ビルにあるアジト風カフェのアンデパンダンで肉みそまぜごはん

京都に住む人ならご存知の三条御幸町にある「1928ビル」。武田五一氏の設計により、大阪毎日新聞社京都支局ビルとして建築されたビルですが現在は生きる遺産として京都市登録有形文化財に登録されながらも飲食店などのテナントが入り営業しています。

resize_R0001652

今回はその「1928ビル」にある「カフェ アンデパンダン(Cafe-Independants)」のご紹介をしたいと思います。

resize_R0001653

resize_R0001654

プレートランチやパスタランチは日替わりで変わるのですが、個人的には固定メニューとなっているごはんランチの「タイ風スパイシーライス」「肉みそまぜごはん」がオススメです。

independen

当1928ビルは、昭和三年(1928年)武田五一氏の設計により、大阪毎日新聞社京都支局ビルとして建築され、現在は建築遺産として京都市登録有形文化財に指定されています。

施工から70年後の1998年、新聞社の移転に伴い文化的拠点としてリノベーションされ、「1928ビル」と改称されました。

カフェ・アンデパンダンは、長年廃墟同然だった地階を画家の大山一行と仲間のアーティストたちが創業当時の姿に復元。そこに新たなデザインが加わり1998年6月に誕生しました。

削落した漆喰壁や貴重な辰砂軸タイル、夜勤の新聞記者たちのシャワールームの名茨の赤レンガなどは現状のまま保存され、壁側に並ぶ大きなテーブルは、毎日新聞社講堂で長年使われてきたものです。

店名のIndependantsはフランス語で自主、独立の意。広場のようなオープンで自由な空間、新たな空間、新たな出会いやコラボレーション、京都らしい文化をお客様とともに生み育てられる空間という願いがこめられています。

お客様一人一人がこのアンデパンダンな空間で豊かなひとときをお過ごしいただけますよう、スタッフ一同最良のサービスを日々追求していきたいと思っています。

resize_R0001660

今回は「肉みそまぜごはん」を注文しました。The・カフェ飯という感じで食べやすいです!おしゃれな感じとボリューム的に女性におすすめしたいお店ですね。デートにもいいと思います。

ちなみにここは昼から静かにお酒をいただけるお店なので個人的に重宝しておりました。昼からちょっと静かな場所で一杯引っ掛けたい場合にもおすすめです。

詳細情報

店名 カフェ アンデパンダン(Cafe-Independants)
住所 京都市中京区三条通御幸町東入弁慶石町56 1928ビル 地下1階
電話番号 075-255-4312
営業時間 11:30~24:00
定休日 無休
アクセス 地下鉄東西線「京都市役所前駅」下車 徒歩5分
Google Map
HP http://www.cafe-independants.com/
たまに空気読めないです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エアー@airkyotoをフォローしよう!

投稿者

エアー@Kyotobnb編集部

京都のAirbnb情報サイトです。新着物件 、気になる今週の空き物件 、週末空いている物件などを配信中!

PAGE TOP