青蓮院門跡の「夜間の特別拝観ライトアップ」に行ってきた

resize_R0001890

先日、将軍塚青龍殿ライトアップに行った際にあわせて青蓮院門跡のライトアップにも行ってまいりましたのでその模様をお伝えしたいと思います。

resize_R0001897

青蓮院の中を通りぬけ庭園の方に向かうと、庭園に青い光が広がりました。

ちなみに、青蓮院の御本尊の熾盛光如来は、光そのものであり、その化身の不動明王も炎の光を背負っておられ、青蓮院は光との関係が大変深いがゆえに、光のライトアップにこだわっていらっしゃるようです。

resize_R0001905

殿舎内には「大切な五つの心」というお言葉が。

  • 一、はい という素直な心
  • 一、すみませんという反省の心
  • 一、おかげさまですという謙譲の心
  • 一、させて頂きますという奉仕の心
  • 一、ありがとうございますという感謝の心

よき心の灯で一隅を照らそう 青蓮院門跡

resize_R0001907

こちらはおみくじの創始者である「元三大師」の坐像だそうです。

resize_R0001909

元三大師(良源)は第18代天台座主として天台宗比叡山中輿の祖として崇められ、又「観音様の化身」として数多くの強い霊験を顕さて、厄除けの「角大師」や「豆大師」として信仰され、さらには日本で初めて
「おみくじ」を考案されました。

元三大師は方然上人・親鸞聖人の師であった源信の師であります。

元三大師は「おみくじ」について次のように説いておられます。

「後世の複雑な社会に処していく人々の困難を救うために、観音様から頂いた処方箋があります。これを自分の像の前に置き、信仰を込めて吉凶を占えば、その願い応じて招福を知らしめるだろう」と。

resize_R0001911

道順を進めると再び庭園へ。

resize_R0001914

resize_R0001920

resize_R0001923

空高くまで伸びる白い光が。

resize_R0001929

resize_R0001937

resize_R0001938

最後に境内から出口へ向かうと再び青い光がお見送りしてくれました。

2014年は12月23日まで開催しているそうなので是非神聖なる光を見に行ってみてくださいね。

また、将軍塚青龍殿ライトアップとあわせていかれることをオススメします。青蓮院門跡から将軍塚までシャトルバスが出ていますので拝観しやすくなっています。

開催概要

イベント名 青蓮院門跡 夜間の特別拝観
開催場所 青蓮院門跡
住所 〒605-0035
京都市東山区粟田口三条坊町69-1
電話番号 075-561-2345
開催期間 2014年10月24日〜2014年12月23日
夜の特別拝観時間 18:00~22:00(21:30受付終了)
アクセス 地下鉄東西線「東山駅」下車 徒歩5分
Google Map
HP http://www.shorenin.com/night/
たまに空気読めないです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エアー@airkyotoをフォローしよう!

投稿者

エアー@Kyotobnb編集部

京都のAirbnb情報サイトです。新着物件 、気になる今週の空き物件 、週末空いている物件などを配信中!

PAGE TOP