京都市の空き家が年々増加!一番空き家の多い区域は?

京都市だけではなく日本全国で問題となっている空き家。2013年の調査では全国で空き家は830万戸にもなり、住宅総数の13.5%が空き家という状態だそうです。(平成25年住宅・土地統計調査より)

京都の空き家が増えてきている理由

空き家が増えてきている理由は主に以下になります。

  • 相続税が払えずに遺産放棄をしてしまった
  • リノベーションしたいが費用がない
  • 空き家の用途がない

主に金銭面での問題が一番のようです。税金が高すぎる、借家として貸し出すためのリフォーム資金が無いなどなど。

京都市の空き家数

  • 2008年=110,290戸(京都住宅総数の14.1%)
  • 2013年=114,500戸(京都住宅総数の14.0%)

全国での空き家は830万戸ですが、京都市の空き家数は2013年10月1日時点で11万4500戸で住宅総数の14%が空き家となっています。

また前回の2008年調査から2013年の調査までに4210戸増加。年々空き家が増えてきている状態となっています。

なお、2008年から2013年にかけて住宅総数で見ると0.1%減少していますが、新しい住宅の総数が増えたのが要因で空き家が減っているわけではないです。

京都市で空き家の多い区域

スクリーンショット 2014-11-24 14.09.51

上記は2008年の調査データです。(2013年のデータは見つかりませんでした…。)

京都市行政区別空き家数ランキング

空き家数で京都市の行政区並び替えました。なお、総住居数の兼ね合いもあるので別に空き家率(空き家数/住宅数)で並び替えたものも作成しています。

  • 1位=伏見区(16,540戸)
  • 2位=左京区(14,670戸)
  • 3位=右京区(13,500戸)
  • 4位=北区(11,290戸)
  • 5位=山科区(11,060戸)
  • 6位=中京区(9,420戸)
  • 7位=下京区(7,740戸)
  • 8位=南区(7,400戸)
  • 9位=上京区(6,950戸)
  • 10位=西京区(6,370戸)
  • 11位=東山区(5,340戸)

京都市行政区別空き家率ランキング

こちらが空き家率(空き家数/住宅数)で並び替えたもののランキングです。

  • 1位=東山区(20.3%)
  • 2位=北区(16.8%)
  • 3位=下京区(16.0%)
  • 4位=山科区(15.9%)
  • 5位=左京区(15.5%)
  • 6位=中京区(14.6%)
  • 7位=南区(14.3%)
  • 8位=上京区(14.0%)
  • 9位=右京区(13.0%)
  • 10位=伏見区(11.9%)
  • 11位=西京区(9.6%)

京都の空き家を活用

ざっくり空き家の活用方法で考えられるのは以下だと思います。

  • シェアハウス
  • シェアオフィス
  • ゲストハウス
  • フリーレンタルスペース
  • 町家風借家
  • レンタル倉庫

上記のデータで見ると京都の中心地である中京区、東山区、下京区あたりでも空き家がそれなりの数あるのでシェアオフィスや観光客向けのゲストハウスも需要がありそうなのでいいんじゃないのかなと思いました。

これからも京都は観光客が伸びていくでしょうしその時のためにも空き家の活用ができればなあと上記のデータを見てふと思った次第です。

Title Photo by 仙北市

たまに空気読めないです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エアー@airkyotoをフォローしよう!

投稿者

エアー@Kyotobnb編集部

京都のAirbnb情報サイトです。新着物件 、気になる今週の空き物件 、週末空いている物件などを配信中!

PAGE TOP