リラックスしすぎて堕落してしまいそうな「るり渓温泉」が最高

resize_R0002911

今回は1泊2日で京都の南丹市にある、るり渓温泉に行ってまいりましたのでご紹介したいと思います。

京都市内からJRへ園部駅に行き、バスに揺られること30分でるり渓温泉に到着。

resize_R0002912

るり渓温泉本館の横には涅槃の館が。

涅槃とは、

煩悩(ぼんのう)の火を消して、知慧(ちえ)の完成した悟りの境地。一切の悩みや束縛から脱した、円満・安楽の境地。仏教で理想とする、仏の悟りを得た境地。

という意味合いなのですが、まさに安楽の境地のような場所でした。

るり渓温泉の施設概要(温泉エリア)

るり渓温泉の温泉エリアの施設は以下になります。写真は浴場内のため撮影不可なのでるり渓温泉さんのHPよりお借りいたしました。

大浴場(男女別)

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

男女別々の大浴場。他の浴場やリラクゼーション施設で流した汗などは基本的にこちらの大浴場で洗い流すという形になります。

いろいろな温泉が大集合したバーデゾーン(水着着用で男女混浴)

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

男女兼用で家族や友人等と一緒に楽しめる温泉スペース。サウナは「高温ドライサウナ」「ハーブスチームサウナ」「アロマスチームサウナ」「遠赤外線サウナ」の4種類と数も豊富です。

開放感のある露天風呂(水着着用で男女混浴)

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

バーデゾーンのすぐ側に併設されている露天風呂。2〜4人が一緒に入れるお風呂が4つあり、パーテゾーンと同様に家族や友人と温泉を楽しむ事ができます。

季節を問わず利用できる温水プール

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

年中入ることができる温水プール。健康のための水中ウォーキングや運動に最適ですね。

るり渓温泉の施設概要(リラクゼーション)

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

るり渓温泉のリラクゼーションをする館内着着用の施設は以下のとおりです。ちなみに冒頭に出てきた「涅槃の館」の場所になります。(※別途料金がかかるサービスあり)

フィッシュテラピー

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

通称ドクターフィッシュというコイ科の魚がいる水槽の中に足を入れて、足の角質をドクターフィッシュに食べてもらうという内容。

マッサージ効果やリラクゼーション効果、アトピー改善などの可能性があると言われています。

個人的にはくすぐったすぎて耐えることができませんでした…(笑)

岩盤浴

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

皆さんご存知の岩盤浴がるり渓温泉でも楽しめます。

普通の岩盤浴だと30分単位での入浴など時間が区切られておりますが、るり渓温泉の岩盤浴はリラクゼーションをする館内着着用エリアへの入場料金を払っていれば入りたい放題です。

混んでいる場合は譲り合っての入浴が必要ですが、私が行った日は空いていたので2日連続で長時間入浴をさせて頂きました。たくさん汗をかいて老廃物を出したので体がとてもスッキリして大変気持ちよかったです。

酵素浴

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

約5,000種類の酵素に天然の米糠を配合した中に埋められるように入浴するのが酵素浴。5分入っているだけでマラソン2時間分相当の発汗量があるとのことです。実際入浴してみると15分という短時間ですごい量の汗が出ました!

またこの酵素浴は肌から普段体内で不足しがちな酵素を体内に取り込むことができ、自己免疫力を高めることが出来ると言われております。

はじめての酵素浴で戸惑いはありましたが入浴後はとても爽快感があり、体がずっとぽかぽかしていました。

よもぎ蒸し

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

ビニール質のマントのようなものを羽織り、その中をよもぎを煎じた蒸気で蒸すという民間療法。

薬草の成分の配合タイプがわかれていまして、「ダイエットタイプ」「リラックスタイプ」「美肌タイプ」等の目的別に成分を変えてもらうことができます。

私は日頃の仕事の疲れを癒やすために「リラックスタイプ」でお願いをしたのですが、香りがとても良く優しくゆったりとした気分になることができました。

また、部屋にあるTVや雑誌を見ながらよもぎ蒸しを行うことができます。

ねころびの部屋

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

音頭が調整できる畳のようなねころび台でリラックスする部屋です。デトックス効果もあるとのことです。

ちょっと他のリラックスゾーンは肌寒いという方は利用されると良いかもしれませんね。

摩訶不思議の部屋

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

プラネタリウムのように天井に星空が広がる部屋。リラックスして寝転ぶことが出来るマットに寝て、部屋中に広がった活性酸素でリフレッシュするという内容です。

シアタールーム

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

大きなプロジェクターやTVが設置されたお部屋。私が行った時には大きなプロジェクターでスペースシャワーTVが流されており、懐かしい音楽を楽しみながら寛げる空間となっていました。

まんがルーム

写真引用:るり渓温泉HPより

写真引用:るり渓温泉HPより

約2万冊の漫画が読み放題。家族や友人との待ち合わせ時間まで暇という方はまんがを読んでくつろいでみてはいかがでしょうか。

るり渓温泉の利用料金

resize_R0002929

お気軽入浴プラン

大浴場+水着着用エリア(パーテゾーン+露天風呂+温泉プール)

平日 土日祝
大人(中学生以上) 700円 800円
小人(4才〜小学生) 350円 400円
シニア(65才以上) 400円 500円

1日満喫入浴プラン

大浴場+水着着用エリア(パーテゾーン+露天風呂+温泉プール)+館内着着用エリア

平日 土日祝
大人(中学生以上) 1200円 1500円
小人(4才〜小学生) 700円 1000円

るり渓温泉の感想

なかなかスーパー銭湯では楽しむことができない岩盤浴や酵素浴、よもぎ蒸しを堪能することができて非常に良かったです。1泊2日で行ったのですが、両日共に温泉を楽しみ、今までかいたことがないような量の汗をかき、心身ともにリフレッシュすることができました。

またゴロゴロできるリラックスゾーンも充実しているのでだらだら暖かい場所で寝転がったり、まんがを読んだりとダメ人間になってしまうのでは?というぐらいダラダラできました。

はじめて行く方は館内着着用エリアも入れる「1日満喫入浴プラン」で入館されることをオススメします!

るり渓温泉アクセス

施設名 るり渓温泉
住所 〒622-0065
京都府南丹市園部町大河内広谷1-14
電話番号 0771-65-5001
営業時間
  • ご宿泊の方=6:00~0:00
  • 一般の方=7:00~22:00
定休日 無休
Google Map
HP http://rurikei.jp/

京都市内からのアクセス

京都市内からの電車・バスを使ってのアクセスは以下になります。

京都市内 → JR山陰本線「園部駅」下車 → るり渓温泉無料送迎バスで30分

るり渓温泉無料送迎バスの時刻表はるり渓温泉のこちらのページをご覧ください。イルミネーション開催期間等によって若干時刻表に変動があるのでご注意ください。

たまに空気読めないです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エアー@airkyotoをフォローしよう!

投稿者

エアー@Kyotobnb編集部

京都のAirbnb情報サイトです。新着物件 、気になる今週の空き物件 、週末空いている物件などを配信中!

PAGE TOP