京都市内の廃村「大見新村」を蘇らせる!クラウドファンディングで出資を募る

京都市左京区最北部にある「大見新村」という廃村を蘇らせるべく活動に取り組む「大見新村プロジェクト」がクラウドファンディングサービス「READYFOR?」で出資を募っているそうです。

「大見新村」は農業や炭焼き、「鯖街道」の流通路によって栄えた村だったのですが、1973年にエネルギー革命による炭焼きの不振や、交通の便の悪さなどが原因で、「集団離村」。約40年間住民が”0″という状態でした。

現在唯一の住民である藤井さん(引用:READYFOR?

現在唯一の住民である藤井さん(引用:READYFOR?

しかし、大見新村の元住民の孫にあたる藤井さんが水もネットもないのに大見新村に移住。「先祖の守ってきた美しい土地を、もう一度、人の集まる新村としてよみがえらせたい―。」という思いで「大見新村プロジェクト」がスタート。

クラウドファンディングサービス「READYFOR?」では、村の改修費となる資金100万円を2015年3月31日まで募集。¥3,000-、¥10,000-、¥30,000-、¥100,000-、¥200,000-、¥500,000-と寄付する金額によって受け取れるお返しが変わっていく内容となっています。詳しくは募集ページをご覧ください。

詳細情報

プロジェクト名 大見新村プロジェクト
住所 京都市左京区大原大見町
Google Map
Web
たまに空気読めないです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エアー@airkyotoをフォローしよう!

投稿者

エアー@Kyotobnb編集部

京都のAirbnb情報サイトです。新着物件 、気になる今週の空き物件 、週末空いている物件などを配信中!

PAGE TOP